--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/28 (Wed) 10:34
<保育ママ>虐待で世田谷区などに賠償命令 東京地裁

八味地黄丸シンワ 1890丸
 東京都世田谷区の保育ママ(家庭福祉員)事業を巡り、当時5カ月だった長女(2)が保育ママの女性(44)に虐待され重傷を負ったとして、40代の医師夫妻が約1588万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁は27日、女性と区に約738万円の支払いを命じた。河野清孝裁判長は「女性が過去に虐待をしていた疑いがあり、区が適切に調査していれば虐待は防げた」と違法性を認めた。

 事業は保育士や研修を受けた人が区から保育ママの認定を受け、乳幼児を自宅に預かって保育する制度。

 判決によると女性は05年6~7月に2回、夫妻の長女をベビーカーに乗せたまま強く揺さぶり、硬膜下血腫や眼底出血の重傷を負わせた。
最新視力情報は・・・視力ランキング

長女は視力が低下し、障害が残る可能性が高いという。

 女性は傷害罪に問われ、懲役2年6月の実刑が確定。区の責任が大きな争点だった。判決は、03年にも女性が保育していた乳児の顔にあざができる事故があったことを挙げ、区が適切に調査し対応すれば虐待が早期に発見され、保育ママ認定が取り消されていた可能性が高いと結論付けた。

 夫は「区の謝罪がないのはおかしい」と話しているという。【北村和巳】

 世田谷区の話 大変残念。控訴して区の考えを主張していきたい。

【関連記事】 北九州の保育園姉妹2年預かり:「受診させず症状悪化」 市、「医療放棄」と判断
【関連記事】 春日部の母親虐待死:男を暴行罪で起訴--地検 /埼玉
【関連記事】 児童施設:初の全国調査へ 被虐待児らの受け皿見直しで
【関連記事】 児童福祉法:厚労省、大幅改正の方針 施設内の虐待防止
【関連記事】 新庄の次男虐待:起訴事実認める 被告、普段から暴行--地裁初公判 /山形
(引用 yahooニュース)




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< [Y-CUBE×TAC]無料「IPOまでにふさぐべき3つの落とし穴」セミナー [株式会社ワイキューブ] | ホーム | オリンパスビジュアルコミュニケーションズ、コンテンツ融合型エンターテインメントサイト「olio」リニュー >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。