--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/27 (Tue) 22:32
「保育ママ」訴訟 世田谷区の虐待放置認める

でんすけ⇒ ファインダーアクセサリー【カメラオプション★】 SONY
 自治体の認定を受け、自宅で乳幼児を預かる「保育ママ」制度をめぐり、東京都世田谷区に認定されていた女(44)に生後5カ月の長女を虐待され重傷を負わされたとして、両親らが女や都、区に計約1600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。河野清孝裁判長は、女と区に計約740万円の支払いを命じた。都への請求は退けた。

 女は傷害罪で実刑判決を受けて確定している。女は虐待したことは争っておらず、女を保育ママと認定していた区に賠償責任があるかが主な争点だった。

 河野裁判長は、長女が重傷を負わされる前、女が別の乳児にも虐待をした疑いがあったにもかかわらず、区は何の調査もしなかったことを指摘。
最新視力情報は・・・視力ランキング

「区が適切な対応をしていれば、長女への虐待を防止できた」と述べ、区の過失を認めた。

 都に対しては「保育ママ制度は区の事務で、都には監督権限はない」として、責任を認めなかった。

 判決によると、夫婦は平成17年5月、長女の保育について女と契約。同年7月、女は長女が泣き止まないことに腹を立て、数十回にわたり揺さぶり、硬膜下血腫などの重傷を負わせた。長女には視力が低下するなどの障害が残った。

 世田谷区の話「控訴して区の考えを主張していきたい」

【関連記事】
・ 「モンスターペアレンツ」案外身近に…
・ キヤノンが保育所開設 子育てと仕事の両立支援
・ 【やばいぞ日本】ママ役はいや ペット役に
・ 掃除機で頭を吸引 香川の保育施設で虐待
・ サマンサタバサに適用第1号 都の保育施設支援
(引用 yahooニュース)




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 育児と仕事についてのアンケート調査、企業の育児サポート・制度が充実しているのは大きい企業 | ホーム | 【ワーキングマザー調査】育児サポート制度の満足度が高いのは10人未満の小さい企業 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。