--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/27 (Tue) 19:51
[ダイエット通信]資産30億の鈴木えみを目指す女の子たち

ジョイペット(オモラシ・介護用)【ペットの紙パンツ・L】16枚入り
弱冠22歳にして30億の収入を公開された鈴木えみ。興味を引くのは、その資産だけでなく、あのガリガリの身体。鈴木えみの身長は、168センチ、体重は43キロで、BMIは15.2となり、これは立派な低体重(病的な痩せ状態)だ。

モデルという職業柄、細さを追求するのかもしれないが、元々彼女は、ここまで細くなかったという。彼女が取ったと言われているダイエット法は「アイスティーとサラダだけで2週間」「寝ない、食べない」という、ダイエットと呼ぶより、拒食に近い方法。14歳のデビューから、22歳の今にかけての成長期に、どれほど負担がかかっただろう。

食を拒む病気で代表的な「拒食症」。これは、どういう病なのか?
最初は、「痩せたい」と、食べ物を拒み出し、低カロリーの物ばかり食べることから始まる。
最新病気情報は・・・病気ランキング

食を拒みながらも、時折、お菓子などを大量に食べては、罪悪感から、吐き、下剤や利尿剤まで乱用し、身体の外に出そうと懸命になる。眩暈やふらつきが起き、目に写る世界がモノクロになり、生理も止まる……。これは、身体は悲鳴を上げているのだが、体重を落としたい一心で、気づこうとしない。ヤセがかなり進行した段階で、やっと家族や周囲の大人が気づき、病院に連れて行くのだが、この時既に手遅れになっている場合も多い。

拒食症の患者は、30キロ前後の体重になり、骨と皮だけの状態になっても、肥満に対する恐怖が薄らぐことはなく、徹底してヤセを追及する(自分の痩せた状態を認識できないのは、低栄養状態が長く続いたことで、脳が萎縮したためと言われている)...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆病気関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆病気関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 【ワーキングマザー調査】育児サポート制度の満足度が高いのは10人未満の小さい企業 | ホーム | 福祉医療機構、期間3年の財投機関債の発行条件を決定=利率0.96% >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。