--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/27 (Tue) 15:44
近視矯正手術、体験記(3)

ジョンスメドレーシックな紳士を演じて欲しい!菱形デザインカーキポロニット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000006-tsuka-ent
手術当日は、特に緊張もなく「眼鏡なしで見えるようになるんだ」とややウキウキモードで病院へ向かった。

名前を呼ばれ、手術室へ入った途端急に緊張してきた。 先生や看護士さんが、思ったより大人数で皆テレビドラマに出てくるような手術着を身に付けて私を待っていたのだ。

ベッドに横になって、右目にぐりぐりと固定器具をつけられたあたりから緊張はピークに達した。

「麻酔します」と目の中になにやら液体をかけられると、目の表面をひっかいているのが見えた。すると先生が今度は、「水で流します」といって、また液体がバシャバシャかけられた。
最新レーシック情報は・・・レーシックランキング

私は、溺れているような感覚に襲われ、パニックになり、気分が悪くなってしまった。

気持が悪いと思っている間にも手術は続き、次は緑の光を見るよう言われた。「あぁ、今レーザーをあてているんだな」と思い、何かが焦げたような臭いがした。私はもう限界だった。「もう無理。左眼の手術には気分が悪くて耐えられそうにない。気分が悪いって言おう」と思っていた。すると看護士さんが、「次、左眼になります。気分悪くないですよね?」と断定的に聞いてきたので、私は蚊の泣くような声で「はい」というしかなかったのである。

「右眼と同じことするだけだ。あとちょっと。左眼をやる時間ぐらい耐えられるはず」と自分で自分に言い聞かせて、左眼も右目同様ぐりぐりジャブジャブが始まった。

最後に傷から目を保護する為のコンタクトレンズを装着されると、「はい、終わりです...

ニュースの続きを読む




◆レーシック関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆レーシック関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 星野JAPANに長嶋さん魂注入!…日豪親善試合 | ホーム | 目玉不在?大場入団会見欠席も >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。