--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/27 (Tue) 09:21
“善意”のメガネ、タイに届けて9年 有志の眼鏡店が再生活動

肥満犬や運動量の少ない成犬に。減量中でも愛犬の健康に必要な栄養素をバランスよく配合してい...
 【愛知県】役目を終えタンスで眠る眼鏡たちが、タイで生き返る-。有志の眼鏡店が中古眼鏡を仕立て直し、タイの人々に届ける「メガネボランティア活動」が9年目を迎えた。10月下旬には、全国各地の眼鏡店から集まった約20人がタイへ。日本から持参した約3000個の眼鏡は、3日間であっという間になくなった。

 活動は全国の眼鏡店約20店で構成するNPO法人「日本-タイ王国メガネボランティアグループ(JTOVG)」が実施。今回タイに行ったメガネプラザグループ(名古屋市熱田区)の山崎茂人さん(32)によると「タイでは眼鏡は高級品。買えない人もいる」。このため各加盟店が顧客らから眼鏡の提供を受け、毎年1回タイへ送る活動を続け、これまでに約3万個を届けた。
最新視力情報は・・・視力ランキング



 寄せられた眼鏡は枠を調整し、レンズを入れ替え、9段階の度の老眼鏡に再生する。現地の寺院とタイ赤十字社の協力で、寺院で献血をした人へのお礼として提供。「献血促進と眼鏡のプレゼント。“二重のボランティア”です」と山崎さんは話す。視力検査の後、好きなデザインを選んでもらうが「最近ではタイでも縦幅の細いフレームが人気です」とも。

 山崎さんはタイで、懸命に感謝を表す老人の姿に心を打たれたという。「(眼鏡を)かけた瞬間に涙ぐみ、何度も両手を合わせてくれました」。言葉は通じなくても、眼鏡を初めてかけた時の驚きと喜びは万国共通だ。

 眼鏡の寄付者には、感謝と報告の意を込めてタイからはがきを送っている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< プリティ長嶋氏“苦しい経営”聞いていた…矢沢容疑者逮捕 | ホーム | セキュリティホール情報<2007/11/22> >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。