--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/26 (Mon) 20:12
オシム急性脳梗塞…後遺症の可能性

いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 アストロ球団 第1巻【日本映画】 BANDAIVISUAL BCBJ-2370
 サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督(66)が16日未明、千葉県内の自宅で急性脳梗塞(こうそく)で倒れ、同県浦安市内の順天堂大浦安病院に入院した。日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンが16日夕、東京・本郷のJFAハウスで緊急会見して明らかにした。集中治療室(ICU)に入り治療中で、病状は不安定という。たとえ回復しても後遺症などが残ることが多く、これまで同様に指揮を執るのは難しいとみられる。来年2月に2010年南アフリカW杯3次予選を控え、日本サッカー界に衝撃が襲った。
 川淵キャプテンによると、オシム監督は16日午前2時ごろ、自宅で英・プレミアリーグの試合をテレビ観戦し、2階へ上がった後にこん倒。
最新長嶋情報は・・・長嶋ランキング

アシマ夫人が異常に気づき、息子でJ1千葉のアマル監督が付き添い病院に搬送された。その後は集中治療室に入り、脳神経内科・脳神経外科医師団の田中茂樹教授を中心に、全身管理などの治療にあたった。
 川淵キャプテンは「急性期のため症状は不安定。かなり厳しい状況です」と深刻な状況を説明。「今は代表チームがどうこうよりも、オシム監督に治ってほしい…。命を取り留めてほしい…」と涙ながらに声を絞り出した。会見後はオシム監督を見舞うため病院へ向かったが、本人と面会することはできず病院を後にした。病院前には一時、50人を超える報道陣が集結し、事態の深刻さを物語った。
 オシム監督は14日にアジアチャンピオンズリーグ決勝の浦和-セパハン戦(埼玉)を視察...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆長嶋関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆長嶋関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< [オリンパス]英医療機器メーカー買収 全株2100億円で | ホーム | ◎教育、社会保障が焦点=予算編成本格化-財務省 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。