--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/26 (Mon) 15:36
深セン:市民のためにの薬品使用安全ネットワークを構築

骨盤専用のショートタイプ!シグマックス マックスベルトCH コンパクト 3Lサイズ

新華社深セン:深セン市では近年、薬物有害反応(ADR)に対する監視を強化し、市民の薬品使用時の安全確保に努めている。2007年10月時点で、深セン市にある108の病院すべてが、オンラインでのADR症例報告を実施している。
先ごろ、深セン市薬械評価中心は、一部の病院でSodium Aescinateの点滴後、患者が静脈炎を起こすケースがあったとの報告を受けた。職員は直ちに薬品のサンプル調査を行ったところ、薬品の品質には何の問題もなかった。
最新医療情報は・・・医療ランキング

病院に点滴液を希釈後に使用するよう始動したところ、有害反応はなくなったという。
年初から10月31日まで、深セン市には、薬品の生産・販売企業、医療機関、個人によるADR症例の通報が3419例あった。深セン市では、診療所や学校の医務室などの医療単位でのADR観測報告を推進し、すべての医療機関と手を組んで、「薬品安全ネットワーク」の構築を目指している。
【翻訳編集:JCBB(F.Y)/G-SEARCH】


(引用 livedoorニュース)




◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< ケータイの「便利な使い方」教えます | ホーム | UPDATE1: 福祉医療機構、期間3年の財投機関債の発行条件を決定=利率0.96% >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。