--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/26 (Mon) 04:49
【コラム】 PCはやっぱり目に悪い? その予防と対策あれこれ

【福源】☆情緒を豊かにする効果・アベンチュリン(インド翡翠)・勾玉・ブレスレット☆NO.3391...
最近、目が重いというか、なんか疲れやすいというか…。それに、仕事で長時間パソコンに向かうようになってから、どうも視力が悪くなった気がするんだよなぁ…。そう感じている人は、僕も含めて意外と多いんじゃないでしょうか。

現に、近頃は視力回復や、目の癒し効果をうたうグッズなんかも多く市販されているし、これってやっぱり、気にしている人がそれだけ多いってことですよね…? そこで、主にパソコンを使用することによる目の疲れや痛み、また肩凝りや頭痛など、「VDT症候群」と呼ばれるパソコン病対策サイト『デジタル保健室』を主宰する高林克枝さんに、そのあたりのお話を伺ってみることに。

「『パソコンの長時間使用による視力低下』というのは、実際に多くの人たちが経験している部分ではあるんですけど、直接の関連性が医学的に解明されているワケではないんです。
最新視力情報は・・・視力ランキング

とはいえ、パソコン作業が長時間に及ぶ場合、モニターを至近距離で凝視し続けることで、無意識に目のレンズ(水晶体)を調節する筋肉を緊張させ続けるので、目に負担となって疲れ目になる。それがさらに進むと、眼精疲労になり、ひいては視力低下に影響する可能性が十分あるんですね」

うーむ…。パソコンを常用する者にとっては穏やかじゃない話です。

では、視力低下を招かないためには、どういった点に気をつければいいのか?

たとえば、僕の場合、目が疲れたら冷たい缶ジュースなんかで瞼を冷やしたりしてるんですが、これがなんともリフレッシュして気持ちいいんですよね~...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< “鉄腕”稲尾氏逝く…訃報に球界衝撃 | ホーム | ♪人気キャリアブランド Sサイズフェア開催中!! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。