--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/25 (Sun) 23:55
「押し紙」率7割!老舗販売店経営者が直言「毎日新聞は癌末期」

 ▼プラチナブルーモザイク・グッピー(国産ブリード)(1ペア)
 毎日新聞社の経営は、病気にたとえると末期だ。最新の「押し紙」データによると、搬入される新聞の実に7割が「押し紙」、という販売店もある。このような異常実態を招いた温床はなにか。「毎日懇話会」(毎日新聞の販売組織で役職経験がある販売店主の集まり)名誉会員で、みずから50年超にわたり毎日新聞の販売店を経営してきた大御所、高屋肇さん(83才)に、毎日新聞社の“病状”を率直に語ってもらった。

--------------------------------------------------------------------------------
【Digest】
◇第1の危機--7割が「押し紙」
◇第2の危機--金銭への異常な執着
◇第3の危機--不良読者を育てた
◇「おい、月夜の晩ばかりと違うで!」
◇「押し紙」政策の中止を
--------------------------------------------------------------------------------
◇第1の危機--7割が「押し紙」               
 販売店へ搬入される新聞の部数は1780部で、そのうち実際に配達される部数はわずかに453部だった。
最新病気情報は・・・病気ランキング

実に1327部もの新聞が店に余っていた。
 これは毎日新聞・豊中販売所(大阪府豊中市)における2007年6月度のデータである。わたしが入手した毎日新聞・販売店における部数内訳の最新情報である。


 日本全国にある約2万店の新聞販売店に、毎朝、搬入される朝刊の部数は約4500万部。しかし、これら4500万部の新聞がすべて配達されているわけではない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆病気関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆病気関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< US LPGA公式日本サイト「2007 ADT選手権」のライブ映像をインターネット上で配信 | ホーム | ミロク情報サービス 大阪・広島・熊本で「病院経営セミナー」を開催! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。