--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/25 (Sun) 21:00
【押忍!オカネ塾】世界から人・モノ・金の集まる国 ドバイの投資について語ろう!!

ミナトシキ鼻洗器
塾長:「塾長の大金貯世(おおがねためよ)である!」

生徒:「質問があるのですが。最近、投資本などで『ドバイ投資』の文字をよく見かけますが、どうしてなんですか?」

塾長:「非常にいい質問だ。ドバイ政府は2015年まで、年率11%で経済成長を続けるというプランを発表している。そのために世界から注目されているのだ」

生徒:「政府が経済成長を続けるプランですか。日本で1960年に掲げられた所得倍増計画みたいなものですか?」

塾長:「所得倍増計画とは違うな…。ドバイのプランとは、『ドバイ・ストラテジック・プラン2015』という。具体的には、金融・貿易・メディア・IT・メディカルなど非石油産業の拡大、不動産やインフラを作り人を集め、経済を活性化させるという計画だ」

生徒:「ドバイというのはアラビア半島にあるんですよね?ということは石油がたくさん採れるんじゃないですか?それがどうして非石油産業を拡大させるんですか?」

塾長:「これはよく勘違いされることだが、ドバイは残念ながら石油はわずかしか採れないのだ。
最新医療情報は・・・医療ランキング

そのため、脱石油を掲げて経済の多角化をすすめている。石油が少ないことで、金融、IT、医療、教育、ナノテクなどの分野に国策が移っているといっていい。すでにドバイのGDPに石油の占める割合は6%以下となっている」

原油の生産量の多い国(BP調べ)1サウジアラビア 1,104万バレル2ロシア 955万バレル3アメリカ 683万バレル4イラン 405万バレル5メキシコ 376万バレル6中国 363万バレル7カナダ 305万バレル
生徒:「知りませんでした」

塾長:「ドバイの面積は埼玉県とほぼ同じ3885km²で、人口も約120万人と少ない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 【コラム】 診察室で1対1のあのトキお医者さんは何を診ているの? | ホーム | 王監督 プレッシャーはだんだん大きく >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。