--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/21 (Wed) 08:02
緑内障:カザフスタンのムミノフさん、太田の医院で手術 素早い対応に感謝 /群馬

緑内障失明の恐怖
 ◇「悩んでいたが、これで安心」--カザフスタン医科大学長・ムミノフさん
 中央アジア、カザフスタンの医科大学の学長がこのほど来日し、太田市内の医院で緑内障手術を受けた。同国ではまだまだ医療技術が遅れているとのことで、手早い措置と手術の成功に大喜びで帰国した。
 来日したのはカザフスタン医科大学学長のタルガート・アミーラビッチ・ムミノフさん(54)。03年ごろから、視力が低下し、視野が狭くなる緑内障に悩んできたが、国内では十分な治療を受けられなかった。日本の医師に相談したところ、太田市高林東町の馬場医院を紹介された。
 来日したのは先月27日。29日に同医院を訪ねると、早速、馬場敏生院長から「すぐに手術します」と言われ、ムミノフさんは「素早さにびっくりした」。
最新医療 視力 回復 手術情報は・・・医療 視力 回復 手術ランキング

同医科大学は学生数約6000人。内科、外科、小児科、歯科、薬学科があるが、眼科はない。さらに専門眼科病院も少なく、診断や手術には長期間の順番待ちを要するのが実情という。
 馬場院長は手術を終え「大成功。緑内障は目の中の水循環の悪化が原因なので、循環を良くした。点薬の継続で徐々に回復します」と太鼓判を押す。ムミノフさんは「随分悩んでいたが、これで安心です」と、日本の医療レベルの高さに感心し、馬場院長に感謝。約1週間、経過を見た後、今月6日に帰国した。今後は馬場院長がファクスで助言していくという。
 今回の治療費は、「日本の医学への信頼が高まった」と、馬場院長は無料としたが、ムミノフさんは「そうはいかない」と固辞...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆医療 視力 回復 手術関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療 視力 回復 手術関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

,,,,

スポンサーサイト

<< USB指紋認証によるVPNアクセスツールが医療機関のDPC分析システムSaaS版に採用 | ホーム | レモンイエローの麦わら帽子のような草姿で、花壇をカーペットのように彩るメカルドニア『イエロークロサイ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。