--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/18 (Thu) 21:02
優秀勤労障害者賞:豊郷町の槙さんに 盲ろう者、製造会社に26年間勤務 /滋賀

いーぐる⇒ ウノウキツズ4 スペシヤルエデイシヨン【ウノウキツズ4 スペシヤルエデイシヨン】 I...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071018-00000140-mailo-l25
 ◇“かけがえのない存在”同僚の指導、努力実り笑顔
 聴覚と視覚に障害を持つ盲ろう者の槙利信さん(46)=豊郷町=が先月、部品製造会社「古河AS」(本社・甲良町尼子)に26年間勤務したことなどが評価され、「優秀勤労障害者賞」(県雇用開発協会主催)を受賞した。同僚の懸命な指導もあり、今では「休んだら困る」と頼られている。本人の努力と周囲の支えがあれば、職場で“かけがえのない存在”になることができる事を、槙さんは教えてくれる。【蒔田備憲】
 槙さんは幼いころから、両耳がほとんど聞こえない。目にも障害があり、手術したが、回復しなかった。
最新視力情報は・・・視力ランキング

左目はほとんど見えず、右目は0・01程度の視力が残った。
 5歳の時、県立聾(ろう)話学校の幼稚部に入学し、高等部まで、学校の寄宿舎で聴覚障害がある仲間と暮らした。同級生の青木繁さん(45)は「おとなしくて、気の優しい性格。小さなガラスを太陽にかざして目に近づけて、輝く光を感じるのが好きだった」という。
 高等部を卒業した81年、旧・近江電線(現・古河AS)に入社。当時、聾話学校教諭が1年間、電線と電線の接続部にテープを巻く作業をほぼ付きっ切りで教えた。その後、総務課などを経て、05年に部品を袋詰めする現在の課に異動。そこで指導したのが大村澄子さん(60)=豊郷町。約5センチの部品を100個単位で袋に入れる作業をマンツーマンで行った。
 「障害者なりの仕事ででは良くない...

ニュースの続きを読む




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< ケニア:目の愛護デーで、様々なイベント | ホーム | 郷ノリノリ!CMで「2億4千万の瞳」替え歌GOGO~!! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。