--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/16 (Tue) 14:08
[CNET Japan] 情報大航海プロジェクトは個人の生活や企業活動の質を向上させるもの--慶応小川教授

反発テーピングで普段からウエストシェイプ!ゲルセラミックス くびれ美人腹巻(Lサイズ)送料...
 大量の情報の中からユーザーが求める情報やサービスを的確に検出する共通技術を開発し、新たな情報サービスを創出することを目的に、経済産業省が進めている「情報大航海プロジェクト」。この意義や活動について、慶應義塾大学環境情報学部 教授の小川克彦氏が10月3日、千葉幕張メッセで開催中のIT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC 2007」で「情報大航海が創るあなたに優しい新サービス~次世代検索・解析技術を通じたビジネス/イノベーション環境の創出~」と題し講演した。 情報大航海プロジェクトは、2005年12月に経産省によって発足したプロジェクト。画像・映像などウェブ上で多種多様な情報が急速に増加しているのに加えて、医療や流通、教育分野などウェブ以外の場所で蓄積されるデジタル情報を有効に活用する手段を求める声が高まっていることに応えるものだ。
最新医療情報は・・・医療ランキング

 小川氏はまず、眼を持った三葉虫に対抗するためにさまざまな生物が誕生した、カンブリア紀の生命大爆発を、現代の情報大爆発とプロセスが似ていると指摘した、東京電機大学教授の安田浩氏の説を例えに出しながら「現代の『三葉虫』は、膨大な情報の中から自分の糧になる情報を見つけ出す検索エンジンだ」とし、その中核に位置するのがGoogleであると語った。 また、現在、ネット上のウェブページの数は300億ページとも言われるほどに膨れ上がり、ブログ、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などのコンシューマージェネレイテッドメディア(CGM)の普及により、個人レベルでの情報発信量が無限大に広がっていると指摘...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 鉄人小橋12・2武道館で帰ってくる | ホーム | 日本の政治に日本人が戦う悲しい現実 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。