--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/27 (Thu) 21:56
<部活事故>顧問の中学教員の責任認定、塩釜市に賠償命令

 愛し君へ ディレクターズカット DVD-BOX / 菅野美穂/藤木直人
 宮城県塩釜市の市立中学校で剣道部の練習中に竹刀が目に当たって視力が低下するなどしたとして、当時中学2年だった女性(19)が同市に約3320万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、仙台地裁であり、小野洋一裁判長は「顧問の教員は指導監督責任を怠った」として市に約965万円の支払いを命じた。
最新視力情報は・・・視力ランキング


 判決によると、女性は02年4月23日、仮入部中の女子生徒が振り回した竹刀が右目に当たって視力が著しく低下。小野裁判長は「仮入部期間は不慣れな生徒による事故発生の危険が高い」と指摘し、教員が練習に立ち会わず、竹刀の危険性を指導しなかったのは注意義務違反にあたるとした。
 市は「判決内容を精査して対応を決めたい」とのコメントを発表した。【伊藤絵理子】
(引用 yahooニュース)




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 「民間の力で安上がり」 PFI方式に問題ボロボロ | ホーム | DoCoMo、TGS2007の出展内容公開&本日より「DoCoMo GAME SHOW」がスタート >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。