--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/24 (Mon) 02:41
活気づくメガネ市場 “アパレル感覚”バリエーション豊かに

シュアプレイ リターンボール 軟式Aボール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070923-00000000-fsi-bus_all
 ■フレーム産地「鯖江」PRに本腰

 今やメガネはファッションの一部。手ごろな価格でおしゃれなメガネをそろえる店が増える中、雑貨やカフェとの複合店、特定の顧客層をターゲットとしたセレクトショップ風の専門店も目立ち始めた。“アパレル感覚”のメガネブームに乗り遅れまいと、世界3大フレーム産地の一つ、福井県鯖江市も動き出している。

 ≪雑貨複合店も≫

 商品企画から生産、流通、販売までを一貫して行うSPA(製造小売り)方式は、ユニクロが導入してアパレル業界で注目されるようになったが、この流れはメガネ業界にも波及してきた。
最新視力情報は・・・視力ランキング



 先駆けとなったインターメスティック(東京都渋谷区)の「Zoff(ゾフ)」は、中国に生産委託することで、レンズとフレーム合わせて5250~9450円の低価格で販売。2001年の1号店オープン以来、全国に52店を抱えるまでに成長し、「将来的は100店を目指す」という勢いだ。

 これに大手チェーン店も追随し、デザインや色づかいが豊富で、低価格の店舗が増えてきた。最大手の三城は「OptLABEL(オプトレーベル)」、続くメガネスーパーは「Hatch(ハッチ)」、メガネトップは「ALOOK(アルク)」を展開する。

 一方、高めの価格設定で、よりファッショナブルな新ブランドも売り上げを伸ばしている。

 1日開業した「CONSOMME(コンソメ)」の銀座マロニエゲート店(東京都中央区)は、カフェを併設し、洋菓子店をイメージした店づくりが特徴だ...

ニュースの続きを読む




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< ミランのロナウド、復帰は10月 | ホーム | 安倍首相、本当の病状「下血」「うつ」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。