--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/22 (Sat) 05:02
「11次元の宇宙」:超弦理論をLHCは実証できるか

■■CX-7等に!■Super Big Luxury 22inch■ダヴィンチ ガスト■265/30-22■■
John Borland 2007年09月10日
写真は、『大型ハドロンコライダー』(LHC)における実験装置のひとつ『Atlas』。Photo: John Borland『Physics World』誌の最新号に掲載された、前例のない長さの特集記事(内容のほとんどは、同誌ウェブ版で一般向けに公開されている)が、超弦理論の歴史、争点、結論を取り上げている。超弦理論[超ひも理論・super string理論]は「万物の理論」として注目されているが、この特集では、この理論になんらかの実証性が存在するか、という論争に焦点を当てている。結論がどうなっているかって? 本当にものすごく複雑で奇妙なものなのだが、超弦理論陣営は、その抽象的な数学モデルに、ある程度の実験による裏付けを得られる段階まで到達しつつあるようだ。
最新super情報は・・・superランキング

物理学の世界では、超弦理論を批判する陣営と、支持する陣営の間の手厳しい言葉のやり取りが行なわれてきており、それはますます激しさを増している。40年近くにわたる一連の抽象的な推論から、宇宙は10あるいは11次元から成り、多次元だが小さなストリング(弦)と「ブレーン」(2次元、3次元、あるいはそれ以上の次元における膜のようなものを想像してほしい)で占められているとする説などが生まれているが、これらはほとんどどれも、立証のしようがないものだ。超弦理論を批判する人はしばしば、同理論に基づいた宇宙観に対して、量子物理学者のヴォルフガング・パウリが、誤りを見つけたある論文を否定するのに使った言葉「それは間違ってすらいない」を適用してきた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆super関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆super関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 精神疾患とクスリと山登り | ホーム | 安倍首相辞任。この時期になぜ・・・ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。