--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/21 (Fri) 21:37
【SUPER GT 第7戦】TAKATA童夢NSXがポールtoウィンで初優勝

■■アウトランダーに!■Super Big Luxury 22inch■ダヴィンチ ラグノ■265/35-22■■

super GTの2007年第7戦「MOTEGI GT 300km RACE」が、8日・9日に栃木県ツインリンクもてぎにて開催された。GT500クラスの優勝は、今季初となる18号車「TAKATA童夢NSX」の道上龍/小暮卓史組。

年間ランキングは、8号車ARTA NSX(伊藤大輔/ラルフ・ファーマン)が第7戦無得点だったが、1位を守っている。

GT300クラスは、26号車「ユンケルパワータイサンポルシェ」の谷口信輝/ドミニク・ファーンバッハ組が優勝。こちらの年間ランキングは、2号車「プリヴェKENZOアセット・紫電」(高橋一穂/加藤寛規)がついに逆転してトップに立っている。

今回の予選は、F1でお馴染みのノックダウン方式が採用された。
最新super情報は・・・superランキング

決勝は、今季5回目となるポールから18号車が飛び出し、2番手スタートの38号車「ZENT CERUMO SC430」を大きく引き離していく。3位には、3番手スタートの32号車「EPSON NSX」が追突されて順位を下げた結果、4番手の22号車「MOTUL AUTECH Z」が浮上。20周過ぎからのタイヤ交換が落ち着いても、この1-2-3体制が続く。

しかし、その後方ではポイントランキング1位の8号車と、同2位の23号車「XANAVI NISMO Z」が激しい6位争いを展開していた。8号車の伊藤と、23号車の本山哲というエース対決は、どちらも一歩も引かず、43周目についに接触して両車コースアウト。ともにポイント圏外へと脱落した。

一方、トップ3には残り5周というところで、ドラマが待っていた。38号車がエンジントラブルでストップ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆super関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆super関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 安倍首相辞任。この時期になぜ・・・ | ホーム | 志田未来:「王様物語」の発売日を暴露? ゲームショウイベントで >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。