--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/19 (Wed) 12:26
中国サービス業界、対外開放進展の見込み

わさびもずく

新華社大連:国家発展改革委員会の張暁強氏は7日、次のように述べた。「中国はサービス分野における対外開放を適切にすすめ、外資を呼び込んでいく」。
張暁強氏は大連で開催された夏季ダボス会議で、次のように指摘した。「中国の金融、電気通信、現代物流、商業、コンサルティング、総合科学技術関連サービスなどの分野における対外開放レベルは向上を続けていくだろう。また、中国国内の実力あるサービス関連企業は対外投資を積極的に行い、各国企業との協力がさらに促進されることになるだろう」。
張暁強氏は一方で、次のようにも指摘している。
最新医療情報は・・・医療ランキング

「中国ではサービス業の発展が相対的に遅れている。GDPに占めるサービス業の割合は40%に達していない。この数字は、世界平均を10ポイント下回るものだ。またその業界構造も合理性を欠いている。都市、農村間の格差は明らかで、人材が不足、経営モデルも立ち遅れている」。
中国はサービス業界の業界構造改善に向けて力を注ぐという。また改善に向けた取り組みの重点は、生産型のサービス業に置かれる。市民生活の利便化を目指し、供給が不足しているサービス商品の拡充を図っていくという。張暁強氏は、交通運輸、電気通信、情報サービス、金融、医療保健、文化・観光などの分野において大きな発展が期待できるとしている。
【翻訳編集:JCBB(K.K)/ G-SEARCH】


(引用 livedoorニュース)




◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 2007年度8月分のGIGAZINEのアクセス解析結果 | ホーム | 「オーダーサプリ・ドットコム」が【メタボリック対策サプリメント】の販売開始 [株式会社ECホールディング >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。