--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/15 (Sat) 21:55
30代の6割がウェブニュースを「読んでいる」―文化庁「国語に関する世論調査」

パソコン・勉強・読書など目を休めたいあなたへ龍角散 のど飴カシス&ブルーベリー【栄養機能...
 文化庁は、言葉の使い方や意識について毎年行っている調査の結果を発表した。パソコンやインターネット利用の普及を反映して、さまざまな角度から質問が用意され、年代別・世代別の傾向が見て取れる。

文化庁は、平成18年度「国語に関する世論調査」の結果を9月7日に発表した。調査は、全国16歳以上の男女を対象に個別面接で行われ、有効回収数は1,943人。

 調査では、言葉の使い方や意識について、さまざまな質問が用意されているが、このうちインターネットやパソコンの利用に関連するものに注目してみよう。

 まず、「新聞・雑誌・ウェブニュースをどの程度読むか」という質問に対して「よく読む」と「時々読む」を合わせた「読む(計)」の割合を見ると、新聞79.4%、雑誌43.9%、ウェブニュース32.1%と、新聞が全体で最も読まれているメディアとなっている。
最新視力情報は・・・視力ランキング

また、読者を年齢別に見ると、新聞を「読む」と答えた人は50代で最も高く87.6%、「読まない」は16~19歳で49.4%と最も高くなっている。雑誌の場合、「読む」は20代で65.2%と最も高く、「読まない」は60歳以上で66.1%と最も高くなっている。ウェブニュースの場合、「読む」は30代で61.1%と最も高く、「読まない」は、60歳以上で88.6%となっている。(以上すべて、「読む」は「読む(計)」、「読まない」は「読まない(計)」)

 また、「漢字が書けないときに、どのような手段で調べるか」(複数回答可)について全体の回答を見ると、「本の形になっている辞書」が60.6%で最も高く、「携帯電話の漢字変換」が35.3%、「ワープロ、パソコンの漢字変換」が21.3%、「電子辞書」が19.4%、「インターネット上の辞書」が10.1%となった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 交通死亡事故:高齢者対策に重点 死者の過半数--県警 /岩手 | ホーム | トップドライバーによるドライビングレッスン 9月11日から >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。