--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/14 (Fri) 14:29
プロ野球の選手寿命が長くなっているのはなぜ?

天然石の手作りブレスレット【癒しのアジアン雑貨】アベンチュリンのブレス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070830-00000000-rec_r-base
近年、金本知憲(阪神)ら、若いころと変わらぬパワフルなプレースタイルでチームの主力を担う40歳前後のベテラン選手が目につくようになった。その主な背景に、治療技術や体調をサポートする環境の充実、そしてトレーニング方法の進化と多様化がある。

80年代にウェートトレーニングが球界に浸透。以降、体の内側に存在する筋肉「インナーマッスル」や、股関節、肩甲骨の運動性を高めるトレーニングなど、パワー伝達の安定化、効率化をはかれる体を作り上げるためのトレーニング法も普及。プレーの向上と故障の予防の両面で恩恵にあずかれる選手は確実に増えた。
最新視力情報は・・・視力ランキング

ほかにも、メンタルトレーニングや、体力よりも先に衰えやすいといわれる動体視力を鍛えるトレーニングを積極的に取りいれることも珍しいことではなくなった。

長年、根性論がはびこっていた日本球界のトレーニング方式に革命を起こした立花龍司氏(現千葉ロッテマリーンズ・ヘッドコンディショニングコーチ)は次のように語る。「筋肉の曲がり角は20代後半。トレーニングをきちんとしていない選手たちはこの時期を境に筋力がどんどん落ちていく。一昔前までは筋力の低下と反比例するように身につく経験や技術を頼りに、技巧派選手への転向に活路を見いだすしかなかった。しかし工藤投手のように若いころから高い意識でトレーニングを続けてきた選手は、年齢を重ねても、若いころの筋力を保ったまま、経験に応じてテクニックも上がっていく...

ニュースの続きを読む




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 「水滸伝」ゆかりの湖、水質回復に期待 | ホーム | NHKドラマオーディション中事故…17歳少年左目に硬球直撃 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。