--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/14 (Fri) 12:16
パンダの里親になりませんか?

スマトラ沖地震被災者のサポートの意思を示すマグネット。日本限定バージョンTsunami 2in1 E-GR...

新華社四川(成都):成都にある大熊猫(パンダ)繁育研究基地では、今年、多くのパンダが生まれた。現在、子パンダの飼育費を援助してくれる里親を探しているという。
9月1日、基地で暮らす8歳の「蜀慶」が生んだオスとメスの双子の赤ちゃんの里親が決まった。基地の主任によると、2006年に基地で生まれた双子は生後1週間で里親が決まったが、今年はすでに9頭の赤ちゃんが生まれているのに、まだ今回の1組しか決まっていないのだという。
基地の科学技術管理部長によると、現在、基地には68頭のパンダがいるが、その3分の2は里親が決まっていないか、すでに里親による援助期間を過ぎたパンダだという。
最新医療情報は・・・医療ランキング

「ほとんどのパンダは里親が決まっていると誤解されているようだが、現実は違う。今年、基地ではたくさんの赤ちゃんが生まれた。9頭のパンダの赤ちゃんを1年間育てるには数十万元のコストがかかる。パンダの寿命は20年あまり。飼い続けるとしたらその費用は莫大だ」。
1頭のパンダの飼育コストは年間約5万元。主にエサや医療費、飼育設備などに使われる。現在、パンダの里親になっているのは、ほとんどが外国の企業や個人だという。
1日に奥林巴斯(中国)有限公司(オリンパス)が里親に決まったパンダの双子は今年の7月5日生まれ。名前は「奥林(オリン)」と「巴斯(パス)」に決まった。
【翻訳編集:JCBB(F.Y)/G-SEARCH】


(引用 livedoorニュース)




◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< NHKドラマオーディション中事故…17歳少年左目に硬球直撃 | ホーム | 偽のTorサイトに注意 Web閲覧匿名化ツール装いマルウェア配信 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。