--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/14 (Fri) 07:53
【カオス通信】ヱヴァンゲリヲンはもっと高く飛べるはず ~劇場公開初日出撃編~

純チタン製☆マットな質感がカッコイイ!大人の定番アクセ!【ゲルマニウムブレスレット】ゲル...
2007年9月1日(土)は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(以下、『ヱヴァ:序』)』の公開初日でした。話題作とはいえ、果たしてどれだけ人が集まるのかと思いつつ、私も初日の初回(朝8時!)を観に新宿・歌舞伎町へ出撃! すると、何やら朝っぱらから映画館の前には大行列が出来ていて、最大1064名収容可能の劇場はあっという間に満席&立ち見の大盛況。ロビーもグッズを求める長い行列で猛烈に混雑してました。

上映を待ちわびるファンは、スクリーンの幕が上がっただけで「ヒョオオォォーッ!!」と歓声を上げ、上映終了後は歓声&拍手で盛り上がるというお祭り騒ぎ。
※本編上映中は一度も客席から声は上がらず「シーン」と静寂。
最新病気情報は・・・病気ランキング


公開初日・朝イチの映画館入り口の光景。次々に人類が映画館の中に保管されていく。カメラを持ったマスコミ関係者も多く見受けられた。18時36分撮影。夜になってもまだまだ行列。今考えると、多少無理してでも朝イチに行ったのは正解でした。普通に座れたし。

その日は映画の日でチケット代が千円均一ということもあり、私は『ヱヴァ:序』以外にもさらに3本の映画を鑑賞。各作品を100点満点で評価すると『ヱヴァ:序(62点)』『ベクシル(70点)』『トランスフォーマー(88点)』『シッコ(68点)』という印象(※1)。あくまで個人的な感想ですが、その日観た中で『ヱヴァ:序』は、残念ながら最も退屈な映画という結論に至りました。

(※1)その他映画解説
●『ベクシル』:2077年、日本がハイテク鎖国をするという設定のSF作品...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆病気関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆病気関連の無料のレポート情報
パソコンと向き合う眼に癒しを!お金をかけずに視力を回復させる方法!

ネットビジネスをしている皆様。

結構眼を酷使しすぎて視力が低下してしまったと

お悩みではありませんか?

実は私もそのひとりです 泣

そこで今回はお金をかけずに

視力を回復させる方法を教えたいと思います。







スポンサーサイト

<< 大型トラックが自転車をひき逃げ、男性が重傷 | ホーム | ポケットの中の10倍ズーム、サイバーショット「DSC-H3」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。