--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/13 (Thu) 01:59
『太王四神記』1人2役ペ・ヨンジュン 桓雄と広開土大王の差別化が成功の鍵? 

Urban Outfittersリボンワンピース・ブルー
11日、話題の韓国ドラマ『太王四神記』第1話が放送され、すでに高い関心と話題を集めている。とくに桓雄(ファンウン)と広開土大王になるタムドクなど、1人2役を演じるペ・ヨンジュンが、どんな関連性と差別化を与えるのかが、ドラマのヒットの鍵を握っているといってもいいだろう。ペ・ヨンジュンは民のためにに地に降りてきた天帝の息子“桓雄”役、そして数千年後、四神らと共に再び訪れた韓国歴史上最も偉大な君主“広開土大王”役を演じる。とくに神話時代に天から降りてきた桓雄に扮したペ・ヨンジュンの姿が、視聴者たちの視線をどれほど惹きつけるのかが高い関心事だ。

ペ・ヨンジュンのプロフィールと写真

また、天帝の息子・桓雄が地に降りてきて、熊族の女性“セオ”(イ・ジア)との恋と運命的な別れ、そして再び高句麗で生まれ変わり愛しあうことになるストーリーが、視聴者たちの説得力を得られるのかが注目を集めている。
最新ドラマ情報は・・・ドラマランキング

数千年が流れ、高句麗の栄光と民を思うタムドク、後の広開土大王になる逆境とこれに打ち勝つ過程を、ペ・ヨンジュンが差別化された1人2役の姿を通じて、視聴者たちにどうアピールするのかが鍵であり、この問題が解決されるならば『太王四神記』のヒットには青信号が灯されるものと思われる。

ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ、イ・ジア、パク・サンウォン、ユン・テヨン、チェ・ミンスなどが出演する『太王四神記』は、放送第1週目の特別編成後、通常の水木ドラマとして放送される...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ドラマ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 【アキバ物欲】暗闇を支配せよ!夜間観察に最適な「暗視スコープセット STV-8000S」 | ホーム | モータースポーツジャパン2007、出品車両 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。