--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/29 (Wed) 00:41
バイオテロ研究施設:ワシントンDCは危ない、ボストンなら大丈夫?

ドットでホット 10コ入
Brandon Keim
伝染病が流行しても、おしゃれは死なない?メリーランド州の研究コンソーシアムが、連邦バイオテロ防衛研究施設の建設誘致候補から外された。この研究施設は、敷地面積約4万8300平方メートル、予算4億5000万ドルというもの。『Baltimore Sun』紙が「選考プロセスに近い情報筋」の話として伝えたところによると、メリーランド州が選考から外された理由は、「施設の建設候補地として提案したベルツビルが、ワシントンDCに近すぎる」というものだった。「併せて、他の主要都市部に近いところからの誘致も却下された」という。これが事実なら……なかなか興味深い話だ。ボストン大学医療センターでは、予算16億ドルをかけた連邦バイオテロ防衛研究所の建設が始まっているのだ。同大学が同研究所の建設運営権を獲得することが決まる前には、場所が都市部の中心であるということから、反対する意見もあった。
最新医療情報は・・・医療ランキング

だが、大学も連邦政府も、世界で最も危険な病原体を「バイオセーフティー・レベル4」(BSL-4)で扱うこの研究施設に関して、絶対に事故など起こり得ないのだから、建設地がどこだろうと問題はない、と言ってこうした懸念を退けた。このところ、バイオテロ防衛研究施設での事故が続いており、全米の同種研究施設を管理する立場にある米疾病管理予防センター(CDC)でも停電による事故(日本語版記事)が起きたことから、人々は神経質になっているのかもしれない。しかしだとすれば、施設建設をすでに開始しているボストンの街にとって、今回のことは何を意味するのだろう?編集部注:『Atlanta Journal-Constitution』紙に、先日のCDCでのトラブルに関する素晴らしい記事が掲載されたが、『Wired Science』ブログではそれより以前に、同記事の主な情報元となったバイオテロ防衛評論家のRichard Ebright氏に話を聞き、この1件を報じている[訳注:直前の日本語版記事リンクを参照のこと...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆医療関連ブログ記事
Profile
... ヘルスケアトレーナー [厚生労働省/中央労働災害防止協会:平成5年取得] 心理相談員 [厚生労働省/中央労働災害防止協会:平成7年取得] 医療機器販売・賃貸管理者(高度管理医療機器等) [厚生労働省/社団法人 日本ホームヘルス機器協会 ...

両親に捨てられた子たち
... 人件費、給食費、施設維持管理費、光熱費、医療費、地代(家賃)など膨大だ。医療費にしても、自分の子とちがうんだから、医療費補助・免除措置とか、もらえるのかなあ。それに、許認可とか、そういう6年一貫の育児施設って ...

健康であること!
... 子宮内膜剥離検査を受けた。 結果は『子宮内膜に異形細胞はなし』 ただし経過観察で三ヵ月後に再検査 よかった... 職場で「見取りをどうするか」 どこまでの医療行為をするのか・・・。 私のこととダブりかなり不穏でした。 明日からまたがんばっ ...

ディリス紹介
... 医療の道を志したティルコのヒーラーさん そのラサにつけられた「乳でかナース」の異名を持つ巨乳ヒーラー コレスブランドのスカートのスリットがチャームポイント 優しいというよりは面倒見がよくしっかり者で現実思考 ...

Healthy!! Pricy!!
... 会社が社員の食生活に関与してまで、医療費を抑えようとする話題を取り上げていました。 アメリカでは間違いなく社会問題化して、国家的な対応にも迫られつつあるようです。 確かに肥満で健康が損なわれて、医療費が増大したら、国益に影響しそうですので ...

イー・ウーマンユニバーシティ講座 「...
... 医療関係のみんなの知らない秘密を大暴露!! 医療業界というものは、実は、かなり閉鎖された世界 なのです。 恐らくは、皆さんが、「えっ、そうなの」と ごく身近なものでも全く知らされてなかった事実が そこにはあります。 ...

全米で人気急上昇のあの話題の映画『...
... 今回の標的は・・・ 全米の医療関係者が戦々恐々の『医療問題』にメスを入れた! 【こんな問題が実際に全米では起こっている】 ◆事故で指をなくしたひとが、病院に行ったが、保険がないので多額の医療費を請求さるので、2本のうち1本しか元に戻すことが ...

看護体験
... 今日は最終グループである県内の看護短大生5名と恒例の交流会でした。 とにかく島に来た学生さんの行動力に感謝感激 きっと素敵な医療者になれるでしょう テーマ 離島医療・看護 地域医療・僻地医療 隠岐の島 テーマ検索



◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 2007年8月28日のヘッドラインニュース | ホーム | 1位は「急性虚血性心疾患」~ヤフー検索キーワードランキング >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。