--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/20 (Mon) 18:21
不登校率3年連続「全国1」 島根県の特別な「事情」

健康器具を感じさせないジュエリー志向のデザイン!新登場●純チタンゲルマニウム磁気ブレスレ...
   1年間で学校を30日以上欠席した「不登校」の生徒が5年ぶりに増えたことがわかった。原因としては「いじめられるならば学校に行かなくても良い」という考え方が広がった、という見方も唱えられている。ところが、1,000人あたりの不登校児童数を見てみると、最も多いところと少ないところでは、実に2倍の差があることがわかった。一体、何が起こっているのだろうか。 最も不登校率が少ない愛媛県の実に2倍以上   文部科学省が2007年8月9日に発表した「平成18年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、06年度の不登校小中学生は12万6,764人で、調査対象の1,079万人の1.1%を占める。
最新病気情報は・・・病気ランキング

これは前年比3.7%増で、増加に転じたのは01年度以来5年ぶりだ。   不登校のきっかけとしては、「いじめを除く友人関係をめぐる問題」(15.6%)、「親子関係をめぐる問題」(9.3%)、「学業の不振」(7.9%)「(病気以外の)その他本人にかかわる問題」(31.2%)などが目立つ。ずばり「いじめ」も、3.2%だ。   この中で、興味深いのが、各県ごとに算出された「1,000人当たりの不登校児童生徒数」というデータだ。最も不登校の割合が少ないのが愛媛県(8.2)人で、宮崎県(8.3人)、秋田県(8.7人)と続く。逆にワースト3は、島根県(16.3人)、高知県(14.9人)、和歌山県(14.7人)だ。愛媛と島根では、実に2倍以上の差があることになる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆病気関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆病気関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 【動画】理不尽な死。被害者のメッセージ伝えたい=生命のメッセージ展 | ホーム | ケンコーコム 2007年7月 月間売れ筋ランキング >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。