--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/18 (Sat) 12:57
米軍による超能力研究の数々:政府資料アーカイブで発見

CRT-NT141Uノートパソコン&液晶ディスプレイの液晶をしっかりと保護。サンワサプライ CRT-NT14...
Noah Shachtman 2007年08月15日冷戦時代の米軍による超能力研究の中心人物だった元陸軍大佐John Alexander氏については、インタビュー記事(日本語版記事)で紹介した。だが、こうした実験を行なった米国の軍人はAlexander氏のみにとどまらない。国防技術情報センター(DTIC)が一般に公開している資料アーカイブにざっと目を通してみると、米軍が行なったいわゆる「超常現象」に関する研究や学術論文などが多数見つかるのだ。以下にその例を挙げる。(タイトルは、当該論文などへのリンクになっている。)サイコキネシス、および戦闘戦略におけるその可能性:米陸軍指揮幕僚大学が1985年に行なった研究。「サイコキネシスは、継続的な研究が行なわれ、有効利用できるレベルにまで開発された場合、今後の軍事作戦において軍事的価値を持つ可能性を秘めている」と言明している。
最新視力情報は・・・視力ランキング

ただし、「戦略という面からみたサイコキネシスの可能性は、即時のものではなく、指揮統制に影響を与えるかどうかというロングレンジのものだ」との記載もある。超感覚的知覚(ESP)の機械測定:米空軍ケンブリッジ研究所(AFCRL)による研究。1963年の報告書では、「ESPの実効性を裏付けると見られる報告の数が増加しているため、ESP仮説の検証において、より厳密な実験手法を使用することがさらに重要となっている」と記している。「特別に作成された実験および記録用機器『VERITAC』を用いた、3モードのESPに関する客観的な実験の計画、予備実験の検討や立案、最終実験、その結果」をカバーするとのことだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 全ての東京大気汚染訴訟で正式和解が成立 | ホーム | 農村少額貸付を全銀行に拡大、用途は全消費に及ぶ 銀監会 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。