--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/18 (Sat) 05:26
ありがとうルーシー・盲導犬と築いた絆:第2部・広がる愛と交流/1 /山形

天然石の手作りブレスレット【癒しのアジアン雑貨】アベンチュリンとクラックロック水晶のブレス
 ◆病気の発覚
 ◇あと5年で「失明」
 「網膜色素変性症です。酷だが希望を持たないでほしい」
 米沢市内の眼科医院。今野善一さん(56)は医師の言葉に頭が真っ白になった。「視力0・9なら他にもいる」。物が見えるだけに深刻な事態になるとは思えなかった。米の収穫を終え、農作業が一段落ついた1988年秋、今野さん37歳の時だった。
 網膜色素変性症とは、カメラでいえばフィルムに当たる網膜に異常を来す進行性の病気をいう。暗い場所で物が見えにくくなったり(鳥目)、視野が狭くなる症状(視野狭窄(きょうさく))が表れ、中には視力を失う人もいる。発症の頻度は4000~8000人に1人。そのほとんどは原因が分かっておらず、治療法が確立されていない難病でもある。
最新視力情報は・・・視力ランキング


 今野さんが最初に目の異常を指摘されたのは、車の免許更新時だった。米沢署から視力が足りないので眼鏡を替えるように注意され、眼鏡店に直行。しかし、いくら調整しても度が合わなかった。「一度、病院で調べてもらった方がよい」と言われて向かったのが市内の眼科医院だった。
 受診後、納得のいかない表情を見せる今野さんに、眼科医院の医師は「信じられないだろうから山形大学付属病院で診てもらったらいい」と紹介状を渡した。後日、一人で山大に行ったが診断は同じ。「気休めにしかならないのなら薬はいらない」と断って帰った。
 年が明けた89年1月、東京大学ボート部の部長をしていた叔母の次男のつてを頼り、東大医学部付属病院の教授に診てもらうことになった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< [新製品]爆発ボタンでストレス発散! ソリッドアライアンス、DREAM LINK製USBガジェット3製品 | ホーム | シンポジウム:スポレクあおもり、カーリング「チーム青森」の3選手も参加 /青森 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。