--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/12 (Sun) 16:30
舞台挨拶で「ハラヘッタ?」陽気な笑顔のサム・リーが寝不足で熱演!

[TOP-A/11126b]魅惑!アレキキャッツネックレス鑑付
昨年の東京国際映画祭でタランティーノや北野武に続く逸材だと称されたソイ・チェン監督。その過激なバイオレンス描写から“香港の三池崇史”として注目を浴びている彼の最新作『ドッグ・バイト・ドッグ』が8月11日(土)に初日を迎えた。本作でエディソン・チャン扮する殺し屋を執拗に追いつめる刑事・ワイを演じたサム・リーが来日し、舞台挨拶を行った。( この映画のフォトギャラリーはこちら )

「オハヨウゴザイマス。オヒサシブリデス。アノー、ハラヘッタ? ゴハンイキマショウ!」と、いきなり日本語で挨拶をしたサム。場内の女性客のハートを、いきなりガッツリ掴んでしまった! この『ドッグ・バイト・ドッグ』は、殺し屋に相棒を殺された刑事とその殺し屋のサバイバル劇。
最新ドラマ情報は・・・ドラマランキング

サム自身は「初めは殺し屋の役をやりたいと思った」そうだ。「でも監督に『君が殺し屋をやると普通の役になってしまう。だから今回は刑事をやってほしい』と言われたんです。殺し屋はほとんどセリフがなくて、表情と身体だけで表現しなければならなくて難しいと思ったので挑戦したかったんです。でも実際にやってみると内面的な演技の多い刑事の方が大変だったと思いました」と、ワイというキャラクターについて語ってくれた。

殺し屋に相棒を殺され、逃げられたことも重なって復讐の鬼と化していくワイ。その役作りには、かなり苦労したそうだ。「まず最初にこの脚本をもらって何度も何度も、これまでにないくらい繰り返し読みました...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ドラマ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 無料のアンチウイルスソフト「AVG Anti-Virus Free Edition」日本語版登場 | ホーム | 湘南乃風の若旦那ら「1億3千万分の300はゼロですか?」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。