--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/09 (Thu) 14:47
[事故の運転者]急病原因 統計の50倍 福島の病院調査

健康器具を感じさせないジュエリー志向のデザイン!新登場●純チタンゲルマニウム磁気ブレスレ...
 福島県郡山市の第3次救急医療施設「太田西ノ内病院」が、交通事故を起こして同病院に運ばれた患者のデータを分析したところ、運転中に起きた急病が事故原因とみられる患者が全体の2%に上った。警察庁の全国統計の約50倍の高率となる。病気が原因にもかかわらず、自殺とされると生命保険が払われなかったり、単純な過失とされると労災認定に支障が出る恐れもある。杏林大の佐藤喜宣教授(法医学)は「高齢ドライバーが増えるに従い、病気が原因の事故も増える恐れがある。実態を解明し、予防措置を取らないと10年、20年後に大問題になる」と警告する。 95年7月から昨年末までに同病院に搬送された交通事故の死者・負傷者中、事故を起こした車両の運転者5707人を調べた。
最新病気情報は・・・病気ランキング

本人や同乗者の供述、検査結果の分析から、115人は運転中の急病が原因だと分かった。 病気は、てんかん47人と脳血管障害42人で約8割を占め、心臓発作11人、糖尿病性昏睡(こんすい)8人が続いた。死亡者は18人で、うち17人は病死だった。調査した同病院の篠原一彰・救命救急センター所長は「病気が見逃されている場合が多いと考えられる」と訴えている。 一方、警察庁の全国統計では、06年末までの10年間に運転中の病気や発作が原因となった人身事故は3463件で、全体の0.039%だった。 日本法医学会の90~94年の調査では、交通事故死者が解剖された割合は5.8%で、先進国では最低レベルという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆病気関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆病気関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< ポケットシステムズ、HTC P3600周辺機器31製品を発売 | ホーム | 【SUPER GT 第5戦】NSXが表彰台を独占 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。