--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/08 (Wed) 16:10
[被爆者健康手帳]遺族所持認める 「形見」可能に…大阪府

健康器具を感じさせないジュエリー志向のデザイン!新登場●純チタンゲルマニウム磁気ブレスレ...
 被爆者の死後、自治体への返却が義務付けられている「被爆者健康手帳」について、大阪府は無効処理したうえで遺族の所持を認める方針を決めた。「形見にしたい」という遺族の要望を受けた取り組みで、厚生労働省も内諾しており、府は6日の広島原爆忌に合わせて始める。 手帳は、被爆状況や病歴などを記載したもので、各都道府県と広島、長崎両市が交付。
最新病気情報は・・・病気ランキング

一部の病気を除いて医療費の自己負担分が無料となる。3月末現在、全国で25万1834人、府内では8090人が所持している。 被爆者援護法施行規則では、被爆者が死亡した際、交付した自治体に返却しなければならない。しかし遺族から継続所持を求める声があり、府は、死亡届の受付窓口で手帳に穴を開けたうえで「無効」と押印し、希望する遺族に所持を認めることにした。

(引用 livedoorニュース)




◆病気関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆病気関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 【全日本キック】山内ドローも優弥が判定勝ち、新空手カルテットは2勝1敗1分 | ホーム | 【イエ男くん file53】熱きロックンローラー・オイリー北川のイエ男ライフ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。