--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/02 (Thu) 11:52
[アフガン]タリバンの韓国人拉致、情報錯綜で混乱

[DVDソフト] 1リットルの涙 DVD-BOX
 【イスラマバード栗田慎一】アフガニスタンの旧支配勢力タリバンが韓国人23人を拉致した事件は、「1人殺害」が確認されたものの残る22人の安否は依然として不明で、アフガン、韓国の両政府側が飛び交う未確認情報に翻弄(ほんろう)される状況が26日午前まで続いた。非戦闘員である「医療ボランティア」の拉致は、戦闘と復興のはざまで多くの外国人が駐在・訪問するアフガンの現状を表面化。治安悪化が進む中、懸念された「最悪の事態」を招いたことで、国際社会に大きな衝撃を与えた。 ◆混乱の始まり アフガン政府交渉当局者は25日午前11時、「近く人質は解放される」と発言。その5時間半後、韓国メディアが「8人の人質解放」と報じた。
最新病気情報は・・・病気ランキング

ところが、タリバン側はほぼ同時期に「人質1人を殺害した」と発表。新たな最終期限(26日午前1時)を設けて「人質全員を殺害する」と脅した。 矛盾する情報が乱れ飛ぶなか、人質解放情報の真偽を問う報道陣に対し、当局者は「情報は未確認。1人は病死したようだ」と語り、質問をはぐらかした。◆変転した情報 「1人を射殺した」とメディアに繰り返すタリバンに対し、アフガン政府は「病気だったので射殺された」と主張したが、人質解放については未確認を貫いた。「8人解放」を政府筋が認めた韓国でも、その後の会見では「8人解放と1人殺害という情報は確認されていない」とのコメント。だが、アフガンではタリバンの発言通り、人質男性1人の遺体が見つかった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆病気関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆病気関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 宇多田ヒカルがデジタルシングル売り上げ世界一に | ホーム | 炎症性腸疾患の発症率、トップは上海 コーラ等の常飲が要因 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。