--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/02 (Thu) 10:47
炎症性腸疾患の発症率、トップは上海 コーラ等の常飲が要因

<スタジオ・クラシック・シリーズ>[DVDソフト] ドリトル先生不思議な旅
 上海仁済医院は23日、同市で初となる炎症性腸疾患専門の「患者の家」を設立した。医師と患者は今後同施設で共に病気を克服していく。このほど完了した国内多数の大都市における流行病に関する調査によると、上海市民が炎症性腸疾患を発症する確率は各都市の中でトップだった。冷蔵庫が普及し、コーラやチョコレートなどを日常的に飲食することも同疾患を誘発させる要因になっているという。
最新病気情報は・・・病気ランキング

 炎症性腸疾患は未だに原因が不明な慢性疾患の一種であり、主に潰瘍性結腸炎とクローン病の2種がある。原因が不明なため予防と治療が困難で、治療には少なくとも1、2年、場合によっては生涯治療を続ける必要があり、完治する確率は各疾患で80.9%と42.6%だが、再発の可能性が非常に高いという。(編集XM)

(引用 livedoorニュース)




◆病気関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆病気関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< [アフガン]タリバンの韓国人拉致、情報錯綜で混乱 | ホーム | オープンソースで無料のファイル復元ソフト「PhotoRec」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。