--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/02 (Thu) 05:40
ファッション小噺vol.49 “めがね”の不思議

でんすけ⇒ ファインダーアクセサリー【カメラオプション★】 SONY 視度調整アタッチメント(近...
デビュー映画『バーバー吉野』でベルリン国際映画祭児童映画部門特別賞を受賞したのが2003年。昨年は、『かもめ食堂』という大ヒット作を放った脚本家でもある荻上直子監督。待望の新作は『めがね』。
がんばってきて、急にふとどこかへ行きたくなる。そんな思いに駆られたタエコがたどり着いた南の海辺を舞台に、肩の力を抜き、何をするでもなくぼんやりと「たそがれる」というリラックスの有り難さを、ほんわりと優しく描いていきます。

ここで気になるのが、“めがね”。タイトルにあるくらいだから、とても重要なモチーフとして登場するのですが、特に意味ありげでもったいぶった描写は一切ありません。
最新視力情報は・・・視力ランキング

主要な登場人物(=物語の舞台となる南の島の宿に集まってくる「たそがれ上手」な人々)に共通するモチーフというだけ。ただ、それだけですが、実はただそれだけではない、とても大きな存在感があるのです。

この映画の中の“めがね”の存在感。それは、“めがね”本来の特徴にとても似ています。“めがね”って本来は視力を矯正する道具。基本的に、いつもかけている人は、寝るときやお風呂に入るとき以外は外さないので、まるでその人の一部のよう。それなのに、ある日突然、コンタクトに変えて現れたりすると、「確かにこの人なんだけど、なんだかいつもと違うな…」と原因がわからないことがほとんど。しばらくなじめずに違和感が。そして、かなりしばらくしてから、「ああ、めがねがないんだ」と気づく...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
パソコンと向き合う眼に癒しを!お金をかけずに視力を回復させる方法!

ネットビジネスをしている皆様。

結構眼を酷使しすぎて視力が低下してしまったと

お悩みではありませんか?

実は私もそのひとりです 泣

そこで今回はお金をかけずに

視力を回復させる方法を教えたいと思います。







スポンサーサイト

<< ◆名古屋開催◆ 第1回 「外観先端医療シンポジウム」 “ あなたが知っておくべきことのすべて ” | ホーム | アフガン拉致:なぜ1人殺害したのか >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。