--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/31 (Tue) 02:21
伊東市民病院医師の自宅PCから病院2院の患者の個人情報が流出

【電位・温熱組合せ家庭用医療治療器】ドクターセラN (セミダブルサイズ)
社団法人 地域医療振興協会および市立伊東市民病院は、伊東市民病院所属の医師の個人用PCから患者の個人情報が流出していたことが判明したと発表した。これは厚生労働省からの連絡によって発覚したもので、この医師は同PCからすでにWinnyと患者の個人情報を削除したと認識していたが完全に削除されておらず、情報が流出したとしている。

この医師は、かつて国民健康保険百石病院に勤務しており、今回の流出の可能性のある患者情報は当時(平成13年4月から平成15年3月)のものと、横須賀市立うわまち病院に勤務していた当時の患者情報(平成15年4月から平成16年3月)で、名前、生年月日、治療の状況等を説明した書類が流出した。
最新医療情報は・・・医療ランキング

なお、件数などについては公表されていない。

横須賀市立うわまち病院:個人情報流出についてのおわび
http://www.jadecom.or.jp/jadecomhp/uwamachi/html/topics/inde
x_8.html

市立伊東市民病院:個人情報の漏えいについてのお詫び
http://www.ito-shimin-hp.jp/soumu/owabi.html



(引用 livedoorニュース)




◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< シネマカフェ的海外ドラマ生活vol.30 「グレアナ」現象の謎を紐解く──その2 | ホーム | ◎3議席目、自・共で争う=大阪【07参院選】 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。