--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/20 (Fri) 16:42
野宮姉さんのアート見聞録:/2 変革の時~60年代を中心に~ /青森

【限定1台!!送料無料!!】 視力回復医療器 超音波治療器アイパワー
 ◇“カロリー不足”気味?(県立美術館)
 展示替えされた県立美術館の常設展示内の特集展示「変革の時~60年代を中心に~」を見た。戦後日本の前衛芸術の動向を紹介し、時代背景を浮き彫りにするものという。▽60年代の棟方▽反芸術―芸術をぶっ壊した芸術▽沢田の戦場、戦場のSAWADA――の3コーナーで構成されていた。
 棟方の展示室は、何かがらんとした印象を感じるのはなぜだろう。大作「花矢の柵」はあるものの、展示全体から棟方独特のエネルギッシュな魅力が伝わってこない。棟方は50年代後半から国際的な評価を受け、左目の視力を失ったにせよ、創作意欲は衰えていなかったと思われる。
最新視力情報は・・・視力ランキング

展示されているのは確かに60年代の作品だが、もっといい作品があるのでは……。
 「芸術をぶっ壊した芸術」という挑発的なタイトルのコーナーでは、社会背景、世界の潮流の中での位置、個々の作家の活動などを、もっと紹介してほしい。高度経済成長、ベトナム戦争、学生運動などがあり、社会にエネルギーが充満していた時代背景は同じであるにせよ、それぞれの作家が目指すものは一つではなかったはずだ。何の詳しい説明もなく「反芸術」でひとくくりにするのは、いささか乱暴ではないだろうか。
 カメラマン・沢田教一のコーナーでは、写真という性格もあろうが、ベトナムやカンボジアの戦場の記録を通して60年代という時代がストレートに伝わってきた。生死が交錯する戦場での人間の表情は、どれも胸に迫ってくる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< 興毅がフェンシング初体験で大収穫 | ホーム | 【横澤彪のチャンネルGメン69】高島夫妻が自分をさらして作った「うつへの復讐」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。