--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/19 (Thu) 12:15
脊柱を持つ人型ロボット開発の最前線(2)

お腹、腰を磁気、遠赤で守る!ゲルセラミックス ウォームパンツ(ピンク・グレー)2色セット ...
Rob Beschizza 2007年07月13日(1)から続くただし、二足歩行ロボットの開発が直面している技術的な障害は見過ごせない。一般に、資金と人材を大量につぎ込む必要があり、特定のニーズに応える専用ロボットの開発に比べて、見返りは不確実だ。その結果、アンドロイドの研究に投資する組織はごく限られている。Or教授によると、進展が望まれる新技術の中でも、とくにアクチュエーター(作動装置)の出力強化と制御性能の改良が必要だという。アクチュエーターとは、指示を動作に変換する装置で、設計には最新の神経学研究の成果を応用している。ロボットの関節に関して、最近特に開発が進んでいるのは、歩行ロボットにリアルタイムで歩き方を修正する能力を与えることと、医療用途の人型ロボットを作ることだ。
最新医療情報は・・・医療ランキング

米Anybots社の『Dexter』は、適応的な歩行運動を実演し、素早くバランスを取る能力によって、押されても倒されないことを示した。サイトに掲載された動画を見ると、最初はぎこちなく歩くが、その後の自らバランスを取り、あらかじめプログラムされていない足の運びで進む様子には驚かされる。Dexterは、歩き方をプログラムされているのではなく、歩く経験から学習し、歩き方を改善しているのだ。また、車輪の脚部を持つ別のロボットが押し倒そうとしても、動的にバランスを取って持ちこたえる。さらに、Dexterはジャンプも可能で、地面を蹴ってから着地まで3分の1秒以上も浮かんでいられる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

<< aiko、新曲「横顔」が綾瀬はるか主演ドラマの主題歌に決定! | ホーム | 南野陽子:「イケてる」セーラー服で岩田さゆりと競演? ドラマ「週刊 赤川次郎」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。