--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/06 (Sun) 23:58
◎B型肝炎で移植「医療といえず」=市立宇和島病院調査委が最終報告-病気腎移植

 イワキ(iwaki) パイレックス スクエアジャク・1000[294-SV]

 宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)の万波誠医師(66)による病気腎移植問題で、同医師が2004年3月まで勤務していた市立宇和島病院の調査委員会は29日、病気腎移植に関する最終報告書をまとめた。深尾立委員長(千葉労災病院長)は、万波医師が執刀した25件の病気腎移植すべてについて「不適当であったと結論せざるを得ない」と指摘。特に、B型肝炎感染歴があるネフローゼ患者から移植したケースを「医療行為とはいえない」と厳しく批判した。
最新医療情報は・・・医療ランキング

 深尾委員長によると、万波医師から両方の腎臓を摘出されたネフローゼ患者3人のうち、1人は術前検査でB型肝炎ウイルス(HBV)感染が陽性だった上、腎炎の悪化で、他人に移植しても腎臓は十分機能しないことが分かっていた。

 しかし万波医師はこの患者の腎臓を2人に移植。1人は約半年後に肝障害と膵(すい)炎で死亡した。死亡前の検査では、B型肝炎への感染が陽性を示し、深尾委員長は「肝障害は移植で持ち込まれたHBVによる可能性が否定できない」と指摘した。

 もう1人も移植2週間後に摘出し、現在、透析治療中という。 



(引用 livedoorニュース)




◆医療関連ブログ記事
おみまい - Studio Creative Faith* Blog (5月6日18時4分)

そして殺人者は野に放たれる - [書評] 法律 (5月6日18時1分)

「医行為」と「診療補助行為」につい... - Psycholocue(サイコロキュー) (5月6日17時58分)

馴染まないオッサン - これからどうする (5月6日17時58分)

[300日規定]無戸籍の子供に児童手... - 低金利キャッシング! (5月6日17時57分)

そろそろ仕事に戻らなければ - ライフデザインのワハハ広場 (5月6日17時57分)

補完代替医療素材としてのプロポリス - バイオの故里から (5月6日17時52分)

費用編~医療保険からの給付予定分 - 子宮筋腫の日記 (5月6日17時50分)



◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

<< 意図的じゃなくても“セクシー歌手” | ホーム | 【K-1MAX】15歳のHIROYA、タイ出発前に谷川Pから高価な贈り物! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。