--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/20 (Fri) 10:36
AZ、大きなステップを刻んだゲーム=UEFA杯

吉祥の6角形の亀甲模様をブルーサンドストーンに彫り込みました。 亀甲(きっこう)ストラップ【...
 UEFAカップ準々決勝は好カードが多く組まれたが、AZ対ブレーメンもその1つ。4月5日、アルクマールで行われた第1戦は0-0ながら、お互いの特徴がよく出た面白い試合だった。

 前半はブレーメンの組織のよさが際立った。ボールポゼッション率で上回ったAZだが、前線に通すパスはブレーメンの選手が壁になり、なかなか通らずチャンスを作れない。
 最初にチャンスをつかんだのはブレーメン。ジエゴとのワンツーで抜け出たフリッツがGKワーターマンと1対1の絶好機を迎えたが、ワーターマンがファインセーブでシュートをはじいた。
 その後は拮抗(きっこう)した展開に。AZの初シュートは31分まで待たなければいけなかった。
最新きっこ情報は・・・きっこランキング



 お互いに相手の守備を崩しきれなかった前半だが、後半はスペクタクル。パスとクリエーティビティーで崩すAZ、カウンターとセットプレーで一発を狙うブレーメンというチームカラーをお互いが出し合った。特に50~56分の6分間は、AZ(デンベレ、クーフェルマンス)もブレーメン(ウォメ、ジエゴ)も決定機をつかんだが、両チームのGK(ワーターマン、ビーセ)が好守でゴールを死守した。
 試合はAZがコントロールしたが、シュート数はAZが7本、ブレーメンが10本。特にブレーメンのシュートは8本が枠をとらえたが、ワーターマンが防ぎ切った。

「ブレーメンのビッグチャンスは前半1つ、われわれのビッグチャンスは後半デンベレがつかんだ1つ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000008-spnavi-socc)




◆きっこ関連ブログ記事
病名ロマンチック症候群 - 絶対安全剃刀 (4月17日2時45分)

イルカ漁?! - ファー製品が無くならないのなら、 せ... (4月16日16時43分)

投票に行こうよ。自分のために。 - Saudadeな日々 (4月16日13時10分)

映画「子ぎつねヘレン」のワンフレー... - きっこ の つぶやき (4月16日8時51分)

細木数子の名勝負!2007春の特番料理S... - 細木数子の名勝負&江原啓之オーラカ... (4月16日7時30分)

第1回オリホリ管理人ズ談合エチャ(... - オリホリブログ (4月16日0時43分)

雑記 - ダンジョン万歳blog (4月16日0時25分)

スロッターな一日 - 新・きっころの赤石日記 (4月16日0時16分)



◆きっこ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

<< 生保、信頼回復へ厳しい道のり 13日に保険金不払い調査報告 | ホーム | 2月の英製造業生産指数が予想外の落ち込み、利上げ観測後退 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。